PAGE TOP


うねり、広がりを抑える! 梅雨時のヘアケアのコツは?

うねり、広がりを抑える! 梅雨時のヘアケアのコツは?

「雨の日はどうしても髪がうねうねしてしまう」
そんなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?
きちんとスタイリングしたはずなのに、時間が経つとうねったり広がったり、逆にぺしゃんこになってしまったり……。

たまの雨の日なら割り切って結ぶヘアスタイルを楽しむのも良いですが、毎日のように雨が続く梅雨時は困ってしまいますよね。

湿気の多い梅雨時に髪がうねったり広がったりしやすい理由と、そんなお悩みを解消するための対策をご紹介します。

梅雨時のヘアスタイルが崩れやすいのはナゼ?

ヘアアイロンやカーラーで髪をまっすぐにしたり巻いたりするのは、洗髪後の乾かしたての時がやりやすいですよね。
寝ぐせ直しの時にもミストや蒸しタオルで髪に水分を補ってからドライヤーなどを使うと伸ばしやすいはずです。

これは、私たちの髪に、水分の影響で形を変える性質があるためです。
髪は水分を含むとクセがリセットされて、変化しやすくなるのです。

特に湿度の高い梅雨時などは、出かける前にスタイリングしても空気中の水分の影響ですぐに元の状態に戻ろうとしてしまいます。
このため、梅雨時はヘアスタイルが崩れやすく、うねったり広がったりしやすいのです。

ダメージヘアはうねりやすい!

ダメージヘアはうねりやすい!

そうは言っても、雨の日でもサラサラヘアをキープしている人もいますよね。
実は、水分の影響でうねりやすい髪と、そこまで影響を受けない髪があります。

まず、もともとくせ毛の人は、くせが出やすい髪質なので湿度の影響も当然受けやすくなります。
この場合は、ストレートパーマや縮毛矯正などでくせが出にくくなるはずです。

それほどくせが強い髪ではないのに、雨の日にうねりやすいとしたら、それは髪がダメージを受けているからかもしれません

紫外線やヘアカラー、パーマ、ドライヤーの熱などでダメージを受けた髪は、キューティクルが部分的にはがれ落ちてしまっています。
このキューティクルがはがれた部分から、空気中の水分が髪に入り込んでいきます。

部分的に水分を溜めこんで膨張したところができるで髪がうねりを起こしてしまうのです。

梅雨時のヘアケアのコツは?

梅雨時のヘアケアのコツは?

梅雨時の髪の広がりやうねりを抑えるには、以下のようなことを心がけましょう。

・こまめなブラッシング
髪をとかすことで、偏りがちな水分を全体的に広げる効果があります。
目の粗いブラシを使って、なるべくゆっくりと優しくブラッシングするようにしましょう。
ブラッシングには髪の汚れを落としたり、頭皮の血行を促したりする効果も期待できます。

・トリートメントでダメージ補修
キューティクルが部分的にはがれていると、湿気による影響を受けやすくなるだけでなく、髪の内側の水分やうるおい成分が流出しやすくなり、パサつきや枝毛などの原因にもなります。
きちんとトリートメントを行って髪のダメージを補修することが大切です。

・ドライヤーは冷風で仕上げる
うねりを抑えるには、ドライヤーの掛け方にも気をつけましょう。
ドライヤーの熱も髪にダメージを与える原因になるため、根元を持ち上げるようにして、なるべく手早く乾かすようにしましょう。

仕上げに冷風を当てることでまとまりが良くなりますよ。

ちょっとしたコツを押さえておくことで、梅雨時でもまとまりやすい髪をキープすることができます。
「雨の日はしょうがない」とあきらめずに、丁寧なヘアケアで梅雨に負けないサラつや髪を目指しましょう!